【ビジネス】リーダーシップとは何なのか?求められた時にあなたが取るべきおすすめの方法3つ

上司「リーダーシップを発揮してがんばってくれよ!期待してるぞ」

あなた「はい!わかりました。がんばります!」

(リーダーシップって具体的には何をすればいいの?私にできるのかな?) 

 

どうも!サラリーマン13年生のワッキーです。

サラリーマンなら上司の口から1度は聞いたことが有るであろう、リーダーシップという言葉。

何となく理解しているつもりだけど、具体的にどんなことをすればいいのでしょうか?

 

この記事ではリーダーシップとは一体何なのか。

リーダーシップを求められた際は具体的に何をすれば良いのか。

私ワッキーが自分の経験をもとにお伝えします。

 

上司の期待に応えて、職場で良い評価を得ちゃいましょう!

目次

結論:リーダーシップとは、積極性のこと

リーダーシップを発揮してくれよ!

とあなたに言った上司。

この時あなたに期待していることは何かわかりますか?

 

それはあなたに積極的に動いて欲しいという事です。

リーダーシップとは積極性の事なのです。

 

リーダーシップを発揮しろという言葉は、リーダーではない人に対して使われることがあります。

その理由は、リーダーシップは立場に関係なく誰でも発揮できるからです。

 

「そうは言われても、私はもともと積極的な性格じゃないし・・・」

と思った方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方のために、リーダーシップ、積極性を発揮するためには何をすれば良いのか。

おすすめの方法を3つお伝えします。

目標設定をする

リーダーシップを発揮することは誰でもできます。

なぜなら単純に、一番最初に率先して取り組めば良いからです。

勇気を出してやってみましょう。

 

しかし積極的であることの真の難しさは別にあります。

それは積極的なモチベーションを保ち続けること。

これができない人がとても多いです。

 

それはある意味当たり前で、積極的に率先して何かをやるという事は、知らない暗闇の道を歩くようなものです。

何回も転んで、その度に怪我をするかもしれません。

一度勇気を出して踏み出したとしても、暗闇を歩き続けるのは怖くて当たり前なのです。

 

ただそんな時に、自分の心のよりどころになってくれるもの。

それが目標設定です。

向かうべきゴールを明確にしましょう。

目標を明確にするメリット。

それは苦しくなった時、ネガティブな考えになった時に、自分の目指したいゴールを頭に浮かべることができるからです。

人間ゴールさえ見えていれば、あとひと踏ん張りできます。

マラソン選手は42.195kmを目指して走りますよね?

永遠に走り続けるランナーはいません。

 

実際私もリーダーシップを発揮してみんなを引っ張ってほしいと言われ、必死で頑張ったことがあります。

ですが自分自身がどうなりたいか、何をゴールとするかを意識せず頑張ってしまった結果、一体どこまで走り続ければいいんだ・・・

となり、心が折れ、結果として頑張り続けられず、期待に応えられませんでした。

 

こうした経験から、ゴールの設定は明確であれば明確であるほど良いと考えます。

明確なゴールのイメージから逃げることなく、がんばってみましょう。

新しい価値観に触れる

「ゴールは見えているけどそれでもやっぱり怖くて進めない」

という方もいると思います。

気持ちはわかります。

私ワッキーも内向的な性格のままサラリーマンを続けていますから。

そんな時の私のおすすめは、人に会う事です。

新しいコミュニティに入って、新しい価値観に触れましょう。

友達や知り合いでも良いですが、なるべく新しい人がいいです。

 

ワッキー「暗闇が怖くて進めないんです・・・」

『懐中電灯を使えばいいじゃないですか』

ワッキー「懐中電灯は壊れてしまったんです・・・」

『だったらスマホのライト機能を使ったらいいんじゃないですか?』

ワッキー「!!なんだそんなことで良かったのか」

違う環境や価値観で生きている人と話をしていると、こういうことがよくあります。

 

私自身、とあるオフ会に参加したことで、別業種の方やフリーランスの方の考え方や価値観を知りました。

新しい出会いは活力をくれます。

結果として本業でも積極性は増し、さらにブログやツイッターを始めるという行動にも繋がりました。

 

また、どうしても新しい人と会うことがストレスとなるのであれば、目的を持った読書をしましょう。

読書もまた違った価値観に触れるひとつの方法です。

自分の凝り固まった思い込みを、ほぐしていきましょう。

 

ビジネスに関するおすすめ本については、また別の機会に紹介したいと思います。

前向きなマインドを持つ

慎重な人や内向的な人は特に「私には向いていないから・・・」などと思いがちです。

結果として積極性が発揮できないことが多いと思います。

ですが、向いている向いていないはやってみなければわかりません。

失敗を恐れず前向きにやってみましょう。

 

私が悩んでいる時に上司から言われた言葉があります。

「向き不向きより前向きに」

この言葉には何度も助けられました。

 

積極的に行動すると、転んだり失敗することは数多くあります。

それを「バカだな」「ざまあみろ」と笑う人も存在します。

 

でも転んでも前向きに「次は転ばないように進むぞ!」と進むのです。

すると不思議なことに、必ず応援してくれる人が現れます。

明るく前向きな人は応援されやすいのです。

 

応援されるとモチベーションがあがりますよね。

結果として、さらに明るく積極的に行動できるようになります。

まとめ:誰でもリーダーシップは発揮できる

私自身、人と会うと、明るくコミュニケーションのできる人間だと言われます。

しかし本当の性格は、おとなしくて引っ込み思案で慎重で・・・

つまり極度に内向的なのです(笑)

 

そんな内向的な私でも

・目標を持ち

・新しい価値観に触れ

・前向きに行動することで

積極性を発揮することができています。

 

リーダーシップに悩む人にとって、この記事が少しでも参考になったのであれば嬉しいです。

もしリーダーシップを求められたのであれば、積極性をもって前向きに取り組みましょう!

ワッキーストライクでした。アディオス!

当ブログで使用しているテーマはこちら

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる